2014年07月05日

伯父の告別式 ・その他諸々

何分人がこの世を旅立つのに立ち会うと言う事は、やはり色々な事が有るものでした。
その他にも有りました事を諸々。

来なかった件
通夜には居たのですが、告別式に出席しなかった人。
仕事を持っているのでそれが忙しかったと見る向きも出来るが、以前に「どんなに忙しくても(理由が有っても?)最期の別れをするために告別式だけは出る」と言っていたのですが、出なかったのです。
そうでなくても、むしろ、今までの付き合いから見ても何をおいても駆けつけて終始見届けると言う間柄の人だと感じていましたが?
何かとてつもないやむにやまれない事が有ったのでしょうか?
そう思っていましたら、その人には兄が居ましてそちらの人は出席。
そして、骨拾い?の時にその人一緒に拾うことに。
居れば多分、いや絶対二人でした事でしょうから...私を代わりにさせたか?と、伯父上の計らいで?
等と思ってしまいました。


伯母上の親族の件

途中移動の際に喪主である伯母上の親族の方と隣り合わせになり、話すことに。
通常なら適当になのですが、伯母上のご兄弟との事だったので、どうせ後で彼方に聞かれて判ると思い、一応正直に。
そうしたら此方の親族とも結構親交有った人のようで、昔話を聞かされてしまいました。。
家の父も存じてた模様...
びっくりすると同時に人の付き合いは軽く出来ないなぁ〜と、実感?
posted by me at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック