2012年08月24日

親馬鹿と孫馬鹿...

昨日のNHKニュースですけれどね...

ランドセルのお話

昨今は親よりも祖父母の方が熱心だとか?

まぁ、孫というものは眼の中に入れても痛くないとは昔から聞くので、さもありなんと言うものなのでしょうが?

しかし、それはさておいて、ランドセル...
たいしたお値段なのですねぇ〜いやはや驚きました!
今更迂闊と言えばですが、家はワタクシが遥か昔の小学校に上がる時、お世辞にも裕福とは言える状態ではなかった(両親に怒られそうですが^^;)でしょうから...ずいぶん無理をしてくれたのだろうなぁと...(共にワタクシにランドセルなど購入してくださる祖父母は共に(父方にも母方にも...)居ませんでしたしね)
このようなもの、未だに、各家庭で自費で揃えると言うのもどうかと思えてしまいますねぇ...(全国的に小学生の制服のようなものでしょうしね・必需品でしょう?)
物(教科書他)が入ればどのような入れ物でも良いと思いますけれどね...

それにランドセルって、元は戦前の日本軍隊の入れ物からの発展形?とか...?これも如何だかなぁだとですけれどね...

それに、公共電波のNHKがこのような話題を流して、購買意欲をはやし立てていると言うのもねぇ...如何かと?(こういうの見た親馬鹿さんや孫馬鹿さんは家もやらなくっちゃと成るでしょう?)

それにしても、以前は、母・父の日なんかにしても、そういう存在の人を亡くしての子供などに配慮して余り騒ぎ立てないと言う時も有ったようですけれど...現在はお構い無しのようですしね...
その時期が来れば、それらに関しての商戦話題満載しか見受けられませんからねぇ...

そういえば、ワタクシの物がお役御免になって(中学進学)からしばらくした後、古いランドセルをミニチュアに作り変えると言う話を聞いてしたかったようですが、結局しませんでしたね...本体以上に高価だったようですので...^^;
元が高価でしたので両親としては残して置きたかったようでしたね...?
(しかし、未だに有るのですねぇ〜それも驚き^^;)

そのランドセルは...ワタクシの六年生の二学期の終わりごろまで活躍してくれましたが...後もう少しと言うところまででグロッキーしてしまいました...しかし、働き者の良い奴でしたね^^
posted by me at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288237589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック