2010年06月12日

喜連川温泉に住もう計画?6

喜連川、もしくはその周辺に住もうと言う事に成りましたら、越後湯沢は引き払おうと考えています^^
元々、越後湯沢は居住と言うことは一切考えては居ませんで、温泉に気軽に行かれる場所としての用途でしたから。
(元々我家は食が小食なので、宿の食事などが勿体無かったのですね^^それで、自分たちで調達できて、宿費用も安価に出来ればとの配慮?でしたので)
其れなのに、また、住民税も来ました!住んでもいない所に、これからも住むと言う事は無いところに、住民税は払いたくないのですね!
どうせなら、住むところ、住む予定にしているところに払いたいものなのです^^
温泉に入れれば、それで良し、なのですから^^

そこで、その温泉ですが、露天風呂に理想な形の箇所のとして(場所は福島の中の沢温泉)

DSC00523.JPG

木の造りで、浴室続きに露天風呂♪
何時かは、の、理想ですが^^;

とりあえずは、土地を購入できたら、掘っ立て小屋(ミニログハウス)などを建てて、と。
住むのがまず、ですから^^
とりあえず、マンションの1K位のように、身の回りの設備と寝場所の一間程度有れば宜しいのですから^^
それでも、お風呂だけは木の造りで行いたいものと^^
木の家なのですから^^(ユニット添え付けが標準みたいですけれど^^;)

本当は建ててみたい形の家は有りますのですが、それはずーっと後のお楽しみと言う事で^^
posted by me at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

かんぽの宿参考資料
Excerpt: ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにもかんぽの宿について書かれた記事沢山ありました。気になるブログを掲載します。かんぽの宿 鑑定評価額221億円、1週間で97億円に:虹を渡ろう・・かん..
Weblog: かんぽの宿
Tracked: 2010-06-13 10:17